自然の造形美を彩る紅葉

色づいた洞窟
 長門峡は自然が何万年何億年とかけて造りあげられた自然の芸術だ。その造形美に四季折々の色が足される。秋にしか見られない岩肌の化粧は普段の印象ががらりと変わっている。
重塀岩  
 長門峡の出発点、阿武湖にある重塀岩。秋の衣をまとった切り立つ岩は力強さに加え、美しさが備わっている。
岩の上の孤独
 孤独にそびえる岩の上にはさらに孤独にたつ一本の木がある。遮るものが何も無く風が吹きつけるその場所にたっている姿はまるで仙人のようだ。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント